織田信長の軌跡~桶狭間~

前回までの記事はこちら

1560年5月桶狭間の戦いで大勝利した織田軍

織田信長の名声を一気に天下に轟かせたこの戦いについて書いていきます。

 

桶狭間の戦い

1560年5月、当時天下統一に一番近いとの呼び声が高かった駿河(現在の静岡県)の大名今川義元が、およそ2万5千もの大軍を率いて尾張へと侵攻を開始いたしました。

織田信長はこれに対し、丹下、中島、善照寺、鷲津、丸根の砦にて防戦に備えたが、今川軍は鷲津・丸根砦を落とし、5月19日に本陣を桶狭間に移した。

一方信長は「敦盛(あつもり)」を舞い居城である清須城から進軍を開始したと言われています。

この時織田軍およそ2千から3千

絶望的です…。

 

連勝により気を良くした今川軍は桶狭間で休憩をしていました。

ですが正午ごろ視界を妨げるほどの豪雨が降ります。

織田軍はこれに乗じて進軍し、今川義元の本隊に奇襲をかました!

本隊にいる今川義元目がけ進軍したため義元を守るのはわずか5千から6千人程度しかおらず、両軍大将自ら刀を振るう大混戦!

義元は騎馬による逃走を試みましたが、織田方の毛利良勝によって組み伏せられ、討ち取られました。

 

この時、義元は首を討たれる際に毛利良勝の左指を喰い切ったという話しがあるそうです。

なんという壮絶な最期でしょう…。

某戦国ゲームの影響でおじゃるなイメージが強い今川義元ですが、逃走の際に織田軍の服部一忠を返り討ちにしたりと意外と勇猛果敢な武将だったようですね。

さすが海道一の弓取り!

 

桶狭間の戦いは織田信長の大勝利で幕を下ろしました。

織田信長27歳の年齢でありました。

合戦後

当主である義元や有力な武将たちを失った今川家は急速に力を失っていきます。

反対に大番狂わせを行った織田軍は勝利に勢い付き、今川方の城を次々と攻略していきます。

 

当時今川方として参戦していた松平元康(後の徳川家康)は戦後今川家から自立し、旧領回復を目指していきます。

今川家の家督を継いだ義元の嫡男、今川氏真が義元の仇討の出陣をしないことを理由に今川家から離反し、1562年になって氏真に無断で織田家と同盟を組みます。

同盟以降、今川家と敵対して三河の統一を進めていきました。

また、信長はこの同盟により東から攻められるリスクを回避できるようになり、以後美濃の斎藤氏との戦いに専念できるようになり、急速に勢力を拡大させていきました。

 

 

~次回!VS斎藤氏~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です